気がついた時のチョコットお掃除

      2020/07/25

お掃除の習慣が身につく記事の最終日です

 

お掃除と片づけのナビゲーター

整理収納アドバイザーの井ノ上志保美です

 

家で毎日生活すると、汚れるのが当然です。

 

だから気がついたらすぐやること

 

 

気が付いた時に、スグに掃除が出来るように

 

掃除したい場所に掃除道具がスグに使えるようにしておく事がポイントです。

 

生活の中心となるリビングではホコリが気になりませんか?

 

ホコリは、常にあると考えたほうがいいです。

ティシュを1枚取るだけでも、ホコリがたつものです。

 

ホコリが気になったらスグにホコリを拭き取るタオル(マジッククロス)やハンディワイパーがあることでスグに掃除ができる。

 

特にホコリの気になる場所は静電気の発生しやすい場所が目立ちます。

 

テレビ回り家具の上やテーブルです。

 

ホコリは静電気に付きやすい性質をもっています。

 

テレビ回りやパソコンなどの家電製品にくっつきやすいという事です。

 

ホコリの発生を低くする予防掃除をご紹介します。

 

(1) 布製品~の発生するホコリを抑えるために

カーテンやクッションの洗濯時には、柔軟剤を使用することで静電気の発生を抑える役割もできます。

 

掃除する乾拭きタオル(マジッククロス)は柔軟剤仕上げする

水拭きの場合はバケツに柔軟剤を入れてタオルを絞り、床や家具を拭くとホコリが付きにくくなります。

(2)換気を定期的にし、空気とホコリの循環を行う

(3)衣類のホコリは、外で落とす

 

気になる手垢を拭き取り除菌する

 

また、ホコリと同様に気になるのは、
手垢です。

特に手垢が気になる箇所は

 

・窓に付いた手垢
・スイッチの手垢
・ドアノブの手垢などです

 

アルコール水、タオルがリビングにあると

 

手垢が気になった時にスグに掃除できます。

※タオルにアルコール水をスプレーして手垢を拭きとります。

 

アルコール水の作り方

 

容器ボトルに120ミリのお水を入れ次に消毒用アルコールを80ミリ入れ、ボトルをしっかりとしめてよく混ぜます。

※アルコール対応のスプレー用ボトルを使用する。

 

アルコール水を使用時に注意すること

 

※手荒れする方は、ゴム手袋を着用する。

※デリケートな衣類には不向き

※ワックス・ニスを使用した家具や床には不向き

※火の近くでの使用は厳禁

※揮発性が高いので換気して使用する。

 

特に手垢の気になる場所は

 

お掃除方法を知り日常のチョットした準備で、ホコリや手垢も気になったらスグにお掃除しましょう

予防もできるお掃除方法でキレイな暮らしがつづき心地良い空間で過ごせますように

 

最後まで、お付合いありがとうございます。

 

お知らせ

 

 

お片づけレッスン・ワーク

 

片づけたいけれど、なかなか、自分一人では、どうしたらいいのか?わからない・・・

お片づけレッスンワークこちらから

 

オンライン講座

いつでも、どこでもできる

場所と時間を気にせずにお掃除のやり方とコツを学べます!

大掃除から卒業!キレイがつづくオンライン講座

 

2020年より、LINE公式アカウントからお役に立てる情報をお届けいたします

下記から是非ご登録いただけると嬉しいです

LINE公式アカウント

 

 

 

 - お掃除

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。